HTC VIVE PRO発表!VIVEとの違いや新機能を解説!




こんにちは、ひかるです。

2018年1月8日(米時間)にHTC VIVEの新型である【HTC VIVE PRO】を発表しました。
今回は、通常のHTC VIVEとの違いや新機能・発売日や値段を紹介していきます。


HTC VIVE PROの基本スペック

HTC VIVE PRO

Screen: Dual AMOLED 3.5″ diagonal
Resolution: 1440 x 1600 pixels per eye (2880 x 1600 pixels combined)
Refresh rate: 90 Hz
Field of view: 110 degrees
Audio: Hi-Res certificate headset
Hi-Res certificate headphone (removable)
High impedance headphone support
Input: Integrated microphones
Connections: USB-C 3.0, DP 1.2, Bluetooth
Sensors: SteamVR Tracking, G-sensor, gyroscope, proximity, IPD sensor
Ergonomics: Eye relief with lens distance adjustment
Adjustable IPD
Adjustable headphone
Adjustable headstrap

公式HPから引用

HTC VIVE

スクリーン: デュアル AMOLED 3.6インチ Diagonal
解像度: 片目あたり 1080 x 1200 ピクセル (合計 2160 x 1200 ピクセル)
リフレッシュレート: 90 Hz
視野角: 110度
安全性能: シャペロンシステムによるプレイエリア限界アラートおよびフロントカメラ
センサー: SteamVRトラッキング、Gセンサー、ジャイロスコープ、近接センサー
接続: HDMI、USB 2.0、3.5 mm ステレオヘッドフォン端子、電源、Bluetooth
入力: 内臓マイク
接眼部: 瞳孔間距離およびレンズ距離の調節機能

公式HPから引用

 


HTC VIVEからのスペックアップポイント

解像度が大幅にアップ!
HTC VIVE 2160*1200
VIVE PRO 2880*1600
正当進化ですね。解像度は良いに越したことなし!

ヘッドホン
HTC VIVE なし
VIVE PRO ハイレゾヘッドホン付属
HTC VIVEでも、別売りで専用の物がありましたが、PROでは付属になりました。


HTC VIVEと変わらない所

リフレッシュレートは90hzのまま

必要なPCスペックも変わらずのようです。
自分のPCが対応しているかどうかの確認は↓のURLから『VR Check』をDL!

https://www.vive.com/jp/ready/


HTC VIVEにはない機能

HTC VIVE PROには、ヘッドセット前方にカメラが2つ付いています。
詳細は出ていないみたいですが、僕は非常に期待をしています。
この機能の例としては、

  • フレンドの部屋でバーチャルパーティ
  • バックグラウンド起動して、特定の動作をするとゲームからカメラモードに切り替わる。(飲み物取ったりスマホチェックしたり出来る)

こんな感じで、無限の可能性がありそうですね。


発売日&値段

発売日と価格についてはまだ発表されていないようです。
旧型が8万円なのを考えると、12万円前後が妥当なラインでしょうか?
続報を待ちましょう!


ついにワイヤレス化&専用プラットフォーム!

HTC VIVE&VIVE PROを無線化するアダプターも発売予定だそうです。
これで360度クルクル回れるようになりますね!

VR専用プラットフォーム【Viveport】も発表!
普段はsteamから購入する機会が多いですが、選択肢が増えましたね。
恐らくですが、他のVR機器(オキュラスリフト)などにも対応しそうです。


VRに興味が無い方も、是非体験してほしい。

僕自信も、VRにあまり興味の無い人間でした。
ですが、越谷レイクタウンにある【VRセンター】という体験スポットで体験してから考えが大きく変わりました。

お近くにVRの体験スポットがある方は、体験してみてください。異次元ですよ。

HTC VIVEめちゃくちゃ欲しい・・・・・