発売前リークは悪なのか?iPhone8発表会で思ったこと




※注意※
この記事は一個人の感想です。

 

こんにちは、ひかるです。

iPhone8が発表されましたね。今はiPhoneユーザーではないのですが、3G~6までiPhoneが大好きでした。
2017年のWWDC(apple新作発表会)のプレゼンテーションはとても素晴らしいものでしたが、SNSでは『リーク通り』の文字ばかり。今回は発売前リークについて僕個人の思っている事をお話しできればと思います。

まず結論からお伝えすると、発売前リークは悪】以外の何物でもありません。その理由は↓から始まります。

なぜリーク起きるのか

iPhone8の場合、アップルの関係会社の人間でappleの事をよく思っていない人が情報を流したみたいです。今回の件に限らず、情報漏洩はほぼ内部の人間や関係者から起きています。
大きな会社、大きな商品になればなるほどその商品に関わる人が増えていきます。情報が流れる可能性も大きくなります。

メーカーにとっての悪

注目度の高い新しい商品を発表する時のプレゼンテーションやタイミングなど、メーカーはとても慎重にします。どの製品発表会でもすぐに製品の画像を出したりしませんよね?作ったプロセスや開発のヒントなどユーザーに興味を持ってもらえるように何度も練った内容をプレゼンします。製品を発表するのはとても慎重で楽しみでハッピーな事です。

それを発表前に流されてしまったらどうでしょう?
例えば自分が内緒で一生懸命作った物を、知らない人、または知ってる人にバラされたらいい気分はしませんね。いざ、製品を出しても『リーク通り』とユーザーに言われてしまったら悲しいですよね。
リークされた場合とされなかった場合だと、製品発表会の注目度も高まりますし、新商品の特徴を自分達の口から発表したいですよね。

ユーザーにとっての悪

ユーザーにとってはどうでしょうか?『リークでもいいから早く知りたい』って方の気持ちもすごくわかります。でも製品の魅力を100%伝えられるのは、その会社の人が何度も練って作ったプレゼンテーションであり、そのプレゼンテーションを見た記者の記事なのではないでしょうか?
本当かどうかもわからない質の悪い記事に一喜一憂して、しまいにはその製品の興味すらなくなってしまう。とても勿体ない事です。
そのリーク記事が仮に本当でも嘘でも、見る価値のない物だと僕は思います。

まとめ

超ネット社会の2017年。リークされない方が珍しいと言われる時代になってしまいました。
僕は、楽しみにしている製品のリーク記事が流れる度にとても悲しい思いをしています。
世界中の人達が同じ人達から同じタイミングで情報を知るのがあるべき姿ですし、今後もそうであってほしいです。
関わっている人たちも、楽しみにしているユーザーに誇りを持って仕事をするべきです。

最近発売された中で珍しく情報が全く流れなかった製品の中に任天堂スイッチ(コードネームnintendoNX)があります。
その発表会をリアルタイムで見てたのですが、新製品のトレーラーが流れた瞬間とてもビックリしてウキウキしたのを覚えています。

これから先、開発者もユーザーも情報モラルを持った社会になればいいなと思いました。