最強のギター教則本!『ギター基礎トレ365日!』がめっちゃいい!




こんにちは、ひかるです。

15歳にギターを触ってから約10年。教則本を1冊2冊買ったことはありますが、大体1日で飽きてました。
好きなアーティストの曲や、バンドのオリジナル曲しか弾いてこなかったです。

『教則本のメカニカルフレーズは音楽じゃねぇ!』と今でも思ってますし、ギターを始めたばかりの初心者さんには、教則本で基礎を学ぶ前に好きなアーティストのコピーをしろと必ず伝えてます。
理由は【飽きてしまうから】です。楽しむ前に挫折してしまうのは勿体ないですよね?

10年間ギターを独学で触ってきて、やはり限界があるなと。そう思って久しぶりにこの教則本『ギター基礎トレ365日!』を買ってみました。
amazonで評価が良かったのが買ったキッカケでしたが、大正解だったようです。

ひかるさん(@hikaru_gf)がシェアした投稿

この素晴らしい本が一人でも多くの人に届くように、解説していきます。


①毎日10分の手軽さ

この教則本のキャッチフレーズが【毎日10分で楽しく続けられる10分間エクササイズ】と書いてあります。
教則本を飽きてしまう原因として、ゴールが見えない事が挙げられます。
ステップ1をどれくらい練習したら次のステップにいっていいのか?これが出来ないと次のステップにいけないのか?
など個人の判断で進み方や上達が大きく変わります。

この教則本の場合は1日の練習で1フレーズ。次の日は次のフレーズ。と、しっかりした決まりがあるので悩まず出来ます。


②毎日違うフレーズが新鮮

他の教則本では1フレーズを何日もかけて練習することがほとんどですが、これは毎日新しいフレーズを練習します。
月曜日~土曜日に6フレーズ。日曜日は出来なかった所の復習。自分で練習メニューを決めずに本の通りに練習していくだけなので楽チン。

1フレーズ事に気を付けるポイントも書いてあって、わかりやすい。


③毎日ギターに触れるキッカケが出来る

この教則本の最大のポイント。毎日のスケジュールが決まっているので、毎日ギターに触る事になります。
日を空けずに練習すると上手くなるのは楽器に限らず、スポーツなどでも一緒ですよね?

1日24時間のうちの10分なんて、どんなに忙しい人でも取れる時間です。忙しいビジネスマンには特にオススメ。


まとめ

超飽きっぽい俺が『続きそう!教本って面白い!』と思ったのはこの【ギター基礎トレ365日!】が初めてです。
毎日新鮮で、ギターを弾く理由が出来るのが素晴らしい。ギター熱がまた上がりました。

普段からギターを弾いていて、時間のある方はこの本を練習した後にバンドのコピー練習などをするといいですね。
時間の無い人はこれだけで十分。

自分の場合は、この本を練習した後に【地獄のベーシック・トレーニング・フレーズ】を練習してます。

これは少し難しいので注意!
速弾きを練習したい方やドMな方のみオススメ!
初心者さんには↓が評判いいです。
『今日からギター始めた!』って方は【ギター基礎トレ365日!】の内容が少し難しいと思うので、この教則本をある程度出来てから購入するといいでしょう。
これから面白い教則本が沢山出て、ギターを楽しめる人が増えると嬉しいです。